立花義裕教授の経歴まとめ。テレビ出演・人柄についても調べてみた【タモリステーション】

【タモリステーション】に三重大学大学院教授の立花義裕さんが出演されます。

「偏西風の蛇行」について解説されているところをテレビで見たことがあります。

そんな立花教授の経歴や人柄について、調べてみました。


このページはプロモーションが含まれています。


立花義裕教授のプロフィール

本名: 立花 義裕(たちばな よしひろ)
生年月日: 1973年
出身地: 長野県
学歴: 北海道道大学 大学院理学研究科・地球物理学専攻 博士後期課程 修了、 博士(理学)
専門分野: 気象学・気候力学・異常気象・大気科学・地球環境
現職: 三重大学大学院 気象・気候ダイナミクス研究室教授
三重大学教員紹介 など)

ご家族や高校以前の学歴については、情報が見つかりませんでした。

北海道大学大学院を修了されたあとは、北海道大学低温科学研究所・ワシントン大学・海洋研究開発機構等を経て、今の三重大学大学院の教授をされているそうです。


立花教授は、普通ではないことを発見する楽しみを求めて、異常気象の研究に取り組んでいらっしゃいます。

いつもと違うこと・滅多にないこと・分からないことが起きた時、誰でも興味をもちますよね。

教授の場合、理由を知りたい・分かりたいという気持ちが他の人より強いそうです。

Sola
たしかに、分からないことは分かりたくなります。
学校の授業とは違う、こういう好奇心を満たすための学びは楽しいです。
研究は、もっと知りたい、分かりたいという気持ちから始まるもの
だということが分かります。

気象は地球規模。

地球の反対側で起きた現象が日本の異常気象の原因だったなど、一度でも思いもよらないことに当たったりすると、面白くて病みつきになってしまうのかもしれませんね。

風が吹けば桶屋が儲かるとか、バタフライエフェクト的な感じ?


十数年前だと思いますが、ある番組で気象予報士が天気予報が外れる理由について

「天気はズレる。天気外れる」

と言っていました。

Sola
上手いこと言うなと思って、記憶に残っているんです。

地球は平面ではなく、球だから、平面で考えざるを得ないため小さなズレが生まれてしまう。

小さなズレがだんだん大きくなって、天気予報が外れる原因になるとか。

異常気象と毎日の天気予報は全く同じわけではないと思いますが、今の科学力でも全然追いつかない不思議と謎に関わってしまったら、面白くて逃げられないのかもしれません。


テレビ出演について

立花教授は、新聞・雑誌・テレビ・ラジオ・YouTubeなど、さまざまなメディアに出演されています。

テレビも報道番組のようなものだけではなく、バラエティ番組にも。

また、多い時は週に何回もどころか1日に複数回出演されることもあるようです。

この他に新聞・雑誌の取材などもあるので、超多忙な日々を送られているのではないかと思います。

これは、教授のこのような考えによるそうです。

せっかくの人生なので、おもしろく感じる事をしていたいと思っています。
ただ数年前から、せっかくの研究結果も知ってもらわないと意味がないのでは、と思うようになりました。

今後は研究結果を多くの人に知っていただいて、役立てていただければと思っています。
気象や気候は、僕ら基礎研究者では考えつかないような、思いもよらないところに影響があると思います。
気象を知ることでビジネスチャンスが広がるはずです。
三重大Rナビ


たしかにそうですよね。

どんなにすごい研究でも、素晴らしい成果を出したとしても、誰にも知られず活用もされなかったらもったいない。

研究した意味が限りなくゼロに近づいてしまいます。


一方で、メディアへの出演が多すぎて研究の時間がなくなってしまわないか心配になってしまいます。が、気象は私たちの身近な問題です。

もし今のような異常気象が起きていないなら、広く知ってもらう必要はそこまでないかもしれませんが、実際には10年前は考えられなかったようなことが次々に起こっています。

今後どうなる可能性が高いのか、どういう準備や警戒が必要なのか、「知らなかった」ではすまない状況になっているということです。

それに、異常気象で使えるアイテムの開発などにもつながるかもしれません。

だから、「知らせる」「知る」ということはとても重要なのだと思います。

立花義裕教授の人柄

プライベートな情報が一切ないため、あくまでもインタビューやテレビでの姿からの予想です。


立花教授といえば、偏西風の蛇行についての説明を思い浮かべる方も多いのではないかと思います。

間違いなく難しい内容で、ものすごくいろいろな要素が絡み合って起きている現象だと思うのですが、教授の説明がとにかく分かりやすい!

難しい言葉なし、専門的な知識のない一般人にも分かりやすい言い回しで説明してくださっています。

どう考えてもそのジャンルの権威だと思うのですが、とっつきにくさゼロ。

隣の家の物知りおじさんが教えてくれている感じというか…。

気象学の池上彰さん的存在と言えばいいのでしょうか。


ただ、説明は分かりやすくて、聞いた時は

Sola
あ、なるほど!
そういうことだったのか!

と思うのですが、異常気象が身近な問題とは言え実際に被害にあったわけではなく、そこまで身の危険を感じたこともなく、試験に出るから覚えなくては!というわけでもないので、理解はその場限り。

自分に直結しない学問的な知識は、定着しにくいんです(言い訳です(^^;)

Sola
たとえるなら、テレビで野菜高騰の原因を説明していた場合、その場では覚えているけれど少ししたら忘れてしまう。
でも、今比較的値段が安定している野菜はこれ!的な情報は忘れない。
そういうことだと思います…って、変なたとえですが(^^;

それは番組出演者も同じようで、過去に立花教授が同じ番組で同じ出演者に同じことを何回か説明していても、出演者は内容を忘れて質問してしまう。

そんな場合でも教授は

「何度でも訊いてください」

「いい質問ですね」

と、にこやかに穏やかに説明してくださっていました。


一方で、三重大学の気象・気候ダイナミクス研究室のサイトでは、学生に対する真剣な姿や研究に対する情熱がうかがえます。


まとめると、こんな方なのではないでしょうか。

好奇心旺盛

穏やかで優しい

常に自然体

相手に適切な伝え方をされる教育者


知的なジェントルマンですね!!!


まとめ

さまざまな番組に出演し、異常気象について分かりやすく説明してくださる立花義裕教授について、経歴や人柄を調べてみました。

プライベートな情報がほとんどなく、あくまでもインタビュー記事やテレビでの姿からの想像ですが、好奇心が旺盛、いつも自然体、穏やかで優しい研究者、そんな方なのではないかと思います。


環境問題についてはこちらも。

将来、二酸化炭素減少の一助になる?

関連記事

【徹子の部屋】に、科学者であり発明家でもある村木風海さんが出演されます。 なんと、空気中の二酸化炭素を回収できる装置を開発されたそうです。 世界中で普及すれば、地球温暖化問題も一発クリアでは?! 相棒フリ[…]

先進国が出したゴミをアートにしてガーナの環境改善を!

関連記事

【世界くらべてみたら】に長坂真護さんが出演されます。 長坂真護さんといえば、ガーナの電子廃棄物でアートを作り、その売り上げでガスマスクを届けたり、無料の学校建設などの支援活動をされています。 そんな長坂さんの波乱万丈な[…]