野口啓代の専門競技は?再婚なの?年収や年齢、子供についても調べてみた

 

こんにちは。

【笑える!泣ける!動物スクープ100連発】に、スポーツクライマーの野口啓代さんが出演されます。

野口啓代さんといえば、ワールドカップ通算21回優勝した「日本クライミング界の女王」であり、同じくスポーツクライマーの楢﨑智亜さんと結婚されています。

今回は、そんな野口啓代さんについて、専門競技や再婚の噂は本当か、年収、年齢、子供についても調べてみました。

このページはプロモーションを含みます。

野口啓代さんのプロフィール

名前: 野口 啓代(のぐち あきよ)
生年月日:
1989年5月30日(2024年3月現在34歳)
出身地: 茨城県龍ヶ崎市
身長:165cm
体重: 49
kg
最終学歴:
東洋大学ライフデザイン学部健康スポーツ学科を中退
(Wikipedia)

野口さんとスポーツクライミングの出会いは、小学5年生の夏に家族旅行で訪れたグアムのゲームセンターだそうです。

帰国後も、家から一番近い東京錦糸町のクライミング場に毎週通っていたそうですが、つくば市にクライミングジムがオープンしてからはさらにのめりこんでいったそうです。

が、そこも片道30分程度かかるので、中学1年生の時、父親が「クライミング用の壁」を作ってくれたとのこと。

最初は6畳の部屋、それがだんだん大きくなり、実家が経営する牧場の牛舎を改築したクライミングウォールに。

現在は高さ18mもある壁をはじめ複数のクライミングウォールがあり、野口さんの実家で日本代表の練習会が開かれたこともあったそうですよ!

 

クライミングが楽しくてしょうがないので練習する

現役時代は、1日6~8時間程度練習していたそうです。

遊びながら楽しんでいたものが、いつの間にか人生になっていたそうです。

Sola
「好き」や「楽しい」は最強ですね!

そして、ジャパンカップ9連覇(優勝通算11回)、ワールドカップ優勝21回、年間総合優勝4回を達成し、「日本クライミング界の女王」となります。

2021年東京オリンピック銅メダル獲得後に引退し、現在はクライミングの普及活動に尽力されています。

自宅のすごい練習場!

関連記事

  こんにちは。 【再現できたら100万円!THE神業チャレンジ】に、東京オリンピック スケートボード女子パーク初代金メダリストの四十住さくらさんが出演されます。 今回のクレーンゲームの結果はどうなるか、楽しみで[…]

練習が楽しい!
関連記事

先日、2024年パリオリンピック出場を決めたバスケットボール男子日本代表の渡邊雄太選手が、「まつもtoなかい」に出演! 身長2mを越える渡辺選手ですが、シュートはもちろんドリブルもうまく、NBAゲータレード・リーグ([…]

野口啓代さんの専門競技はどれ?

国際スポーツクライミング連盟が認定する公式競技会で行われている種目は、3種類あります。

  • リード
    高さ12m以上の壁に設けられたルートを6分以内にどの地点まで登れるかを競う種目。
    選手は安全のためにロープをクイックドロー(ロープをひっかける器具)にかけながら登り、トップ(最上部)のクイックドローにロープをかければクリア(完登)。
    途中で落ちた場合は再トライできず、そこが記録となる。
  • ボルダリング
    高さ約3〜5mの壁に複数の課題(コース)が組まれ、いかに少ないトライ数で多くの課題を登り切れるかを競う種目。
    トップのホールドを両手で保持すれば、その課題はクリア。
    1課題4分の制限時間があり、時間内であれば何度でもトライできる。
  • スピ―ド
    毎大会同じ条件で高さ15m、95度に前傾した壁にセットされた同一の2本のルートを2人の選手が隣り合わせで登り、勝ち抜き形式で速さを競うスプリント種目。
    フライングは一発で失格となる。

野口さんはこの3種類のうち、ボルダリングを得意としています。

ボルダリング(photoAC

Sola
ボルダリングは、ジムなどいろいろなところで体験できますね。
近所のアウトレットモールにも体験できる壁がありますが、チキンハートでまだやったことがありません(^^;

野口さんのワールドカップ21勝は、すべてボルダリングのワールドカップです。

リードのワールドカップは最高2位で、優勝経験はなし。

スピードは、東京オリンピックでスポーツクライミングが正式種目として採用されてから始めたそうです。

野口啓代さんの家族

夫の楢﨑智亜さん

野口啓代さんは、2021年12月25日に、同じくスポーツクライマーの楢﨑智亜さんとの結婚を発表しました。

ちなみに、楢﨑選手からのプロポーズは2回あって、なんと1回目は断ったとか!

というのも、野口さんはサプライズ演出に憧れていたそうなのですが、楢崎選手は

「オリンピックで金メダル獲れたら表彰式でプロポーズする」

と計画していたそうです。

が、楢崎選手のオリンピック金メダルは惜しくもかなわず…。

その後、自宅で2人で就寝する前にプロポーズしたそうなのですが、花束や指輪の用意はなし。

野口さんは

もう1回やりなおしてほしい

とお願いしたそうです。

が、翌日もまったく同じシチュエーションで、まったく同じことをされ…。

「もうしょうがないな」

と、仕方なくOKしたそうですよ。

楢崎選手ぅぅ
ロマンチックなことに憧れるオンナゴコロを理解してくださ~い(^^;
Sola
とはいえ、女性もいろいろですからね~。
Solaは、サプライズ演出とか「うっざ!」と思ってしまうタイプなので(笑)
男女限らず、相手をよく見る必要がありますね。

 

野口さんは分子栄養学を学んでいるので、楢崎選手の栄養管理もバッチリされているようです。

野菜嫌いだった楢崎選手は、ビタミンやミネラルの不足から、発熱・貧血・疲労や筋肉痛が取れにくいことが多かったそうですが、そんな楢崎選手のために野口さんが作っているのが

野菜のコールドプレスジュース

  

写真 photoAC

低速回転のジューサーで野菜を絞ることで、栄養素があまり破壊されないそうです。

楢崎選手もこれはごくごく飲めるそうで、今では欠かせないメニューになっているとのことです。

Sola
スポーツ選手は、とくに体が資本。
やっぱり栄養管理は大事ですね!

楢崎選手が野菜を摂れるようになってよかったです。

 

楢﨑選手については、こちらをどうぞ!

関連記事

  こんにちは。 【踊る!さんま御殿!!】に、クライマーの楢﨑智亜選手が出演されます。 楢﨑選手の実家は宇都宮の病院なので、楢崎選手は医学部卒との噂があります。 が、実は違うんです。 医師の父親や弟、[…]

子供

2023年5月23日、楢﨑選手と野口啓代さんの第一子が生まれました。

3034gの元気な女の子だったそうです。

お子さんが大きくなったら、家族でクライミングしたりするのかもしれませんね。

いずれはお子さんもオリンピックに…?!

野口啓代さんは再婚なの?

「野口啓代」で検索すると、「再婚」と言うキーワードが表示されます。

そこで調べてみたのですが、Solaが調べた限りでは、野口さんが再婚という情報は見つかりませんでした

そのため、再婚ではないと言えるのではないかと思います。

では、なぜ「再婚」がキーワードに上がってくるのでしょうか???

再婚を想像させるような情報や彼氏情報もなかったので、理由がよく分からないのですが、もしかしたら楢崎選手と7歳年が離れているからかもしれませんね。

でも野口さんが結婚されたのは、32歳の時。

結構普通の歳だと思うので、本当にそれが理由なのか疑問ですが…。

野口啓代さんの年収

スポーツクライミングは、水泳や野球などの他のスポーツよりもまだマイナーなスポーツだと思います。

そんなスポーツクライミングの選手の年収はどのくらいなのでしょうか?

 

まず、大会の賞金ですが、クライミング公式大会は年間約30開催されているそうです。

ワールドカップの場合、優勝賞金は46万円。

賞金が高額として知られている中国オープンでさえ、約132万円です。

海外遠征やとレーニング費用もあるし、賞金だけで生活していくのはかなり厳しそうです。

 

スポーツ選手の場合、種目に関わらず有名選手にはスポンサーがつくことが多いです。

野口さんも、現在は分かりませんが現役時代は13社とスポンサー契約していたそうです。

・au
・三井不動産
・オリエンタルバイオ
・牛乳石鹸
・大和証券グループ
・nishikawa
・セブンイレブン
・ZETA → IT企業
・THE NORTH FACE  → アウトドアブランド
・PETZL → フランスの登山用品メーカー
・New-HALE 粘着性伸縮包帯製造販売
・LA SPORTIVA 山用の靴製造販売
・C3fit

それぞれの会社との契約金額は分かりませんが、13社あればかなりの金額になるのは間違いないでしょう。

 

また、野口さんはボルダリングについての本も出版されているので、その収入もありそうです。


現役引退後は、自身の活動基盤となる会社「Akiyo’s Company」を設立し、イベント、講習会、講演などをされています。

こちらの収入がどのくらいなのかは不明です。

まとめ

今回は、野口啓代さんについて、専門競技や再婚の噂は本当か、年収、年齢、子供についても調べてみました。

  • 野口啓代さんは、2024年3月現在34歳
  • 野口啓代さんの専門競技はスポーツクライミングで、公式競技会で行われている「リード」「スピード」「ボルダリング」のうち「ボルダリング」が得意
  • 夫は同じスポーツクライマーの楢﨑智亜選手で、2023年に長女が誕生した
  • 年収は、現役時代は13社とのスポンサー契約料もありかなり高額だったと思われる

今後も、野口さんの力でスポーツクライミングがもっと浸透するといいなと思います。